Close

もしあなたが将来サッカーでビジネスを

お考えであれば、残念ながら

実績とコネクションがないと難しいのが現実です。

ですので、この交流会でコネを作りませんか?

   残り3名

   残り2名

月曜19時はサッカービジネス交流会!開催!

5名限定


現在の応募状況 

@国立オリンピック記念青少年総合センター

7/24(Mon) 19:00-22:00 

参加費500円 

7/30(Mon) 19:00-22:00 

注)人数によっては開催しないことがあります。予めご了承下さい

今非常に困っています

将来サッカーを仕事にしたいがどうしていいのか分からなくて困っている方へ

From 赤堀

自慢ではありませんが、今サッカー業界からたくさんのオファーを頂いています。

しかも、Jリーグだけでなく、海外のビッグクラブからもオファーが来ています。


ですので、、


・Jリーグクラブ経営に興味のある方、

・スポーツ業界で仕事をしたい方、

・スポーツ業界激戦区のメーカー就職したい人


の実績づくりの貢献など、いろんな面でお手伝いができると思いますので、この分野に関しては自信があります。

 ちなみに弱みは、めちゃくちゃプライドが高くて自己顕示欲求がプンプン、あと承認欲求が目的、ファッション感覚で起業やイベントをするような人は苦手なので、こういう人は参加しないのはもちろん、紹介しないで下さい。(実績が実績なので、よくこういう人が来られて困っています) 

  逆に、何も知らない人、素直な人の方が下手に知識がある人よりやりやすいのもあり大歓迎です。興味あるぐらいのレベルでオッケーです。ビジネスライクというよりはカジュアルな関係が好きです。

その証拠に、、

個人でもコレだけの活動をしています。

1.インテル・ローマビジネス研修

イタリア最大の発行部数を誇る新聞社La Reubblica社からの取材に取り上げられる。

動画が見れるので、気になったら見て下さい。

           ↓


http://video.repubblica.it/sport/roma-il-capitano-commuove-anche-gli-studenti-giapponesi--totti-infinito/236601/236355?ref=twhv&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

4.元Jリーガー タイプロリーグ所属の下地奨選手トークショー運営

インテル組織構築、ユース世代育成メソッド、ブランディング、アジア戦略などを学ぶ。

日本の育成方法の問題点を痛感。

3.サッカークラブ運営

ローマの経営戦略、ブランディング戦略、マーケティング手法などを学ぶ。

Jリーグのマーケティングレベルの低さを痛感。

微力ですが、サッカークラブの運営に関わりながら、マーケティング、PRを学んでいます。

チームは2016年度東京都リーグ4部を優勝し、2017年からは都リーグ3部で戦うチームです。

今年からは学生を中心として

今までとはコンセプトが変わったU-22チームの構築中。


全国大会出場者やJリーグユース出身者など続々と優秀なメンバーが集まって来ているので、結構良いチームになってきています。

もし、サッカークラブの経営に興味がある方は、私達と一緒に運営を通して様々な経験ができると思います。

興味があれば、当日話かけて下さい。笑

2.イタリア現地メディア掲載

結果、社会人との繋がりが圧倒的に増えたので、今までに無くサッカークラブ関係者、スポーツ関係の繋がりが圧倒的に増えました。

なぜなら、、

スポーツ業界はコネクション世界だからこそ、仕事を振れる人がいないということです。



コネというのは、無い方がもちろん良いかもしれませんが、「信用」がかかっている以上は、誰が紹介するのかが、大きく影響します。


同じ人でも、信用が無い人から紹介されるのと、

信用がある人から紹介されるのとでは圧倒的に違います。


あなたがもし、重要な場面で、人から紹介をされるとします。


例えば、一般企業のサラリーマンから紹介されるのと、カズから紹介されるのとでは、同じあなたでもイメージが全く違いますよね。



つまり、コネでないと難しい現状になってしまっているのには、ここが大きく影響するからです。



ですので、僕たちは「信用」が命なので誰でも紹介できないのです。


なので、勉強会や教育を通して日々活動しています。





       あなたが踏み出さなければ

        99,9

今後サッカーに関わる仕事はできません。

      スポーツ業界こそ

信用がカギを握っているというわけです。

尚美学園大学2年 佐野彰 

過去に参加した人に聞いて見ました

大学では体育会系のサッカー部に所属していました。ポジションはゴールキーパーだったので仕事をしながらGKコーチをしようと思ってました。


が、この交流会に参加して”価値観”が一気に変わりました!同じ大学生が海外のクラブチームでインターンをしていたり企画を立てていて同じ大学生なのにこんなに差があるのか‥と衝撃を受けました!!今はドイツの知識を直に教えられるようなGKスクールを立ち上げるために経営の勉強をしていてこの仕事で生活していける!という”ビジョン”がしっかり見えてきました。

もう参加するか迷っている時間はありません!

                      尚美学園大学2年 初見海人

今までの大学生活はなんだったのか‥価値観が変わった瞬間でした!

3月に日本から6人に選ばれ

SVホルンインターンへ行きました!

   メンバーの初見が
SVホルンインターン参加時の写真

インターンもボランティアも経験したけど、、、

サッカービジネスが夢でしたが、、

成城大学4年  藤原昂亮

僕はサッカービジネスに興味があって、今の大学に進学しました。サッカーも小、中、高、大学は1年で辞めてしまいましたが、やっていました。大学サッカーを辞めて、次に何をしようかと考えている時このイベント見つけ参加しました。


僕はスポーツ業界に入るための"動き方"とか必要な"知識"が何なのか分からなかったのですが、ここにいる方々と話して色々な意見を貰えました!なので、今"やるべきこと"がはっきりして夢へと近づけた気がします!

サッカーに関わって仕事がしたいと思っていたので、Jクラブのインターンやボランティアを経験してきました。

しかし、自分の”能力”がついていないこと、”実績”も全くないことに気づきました。

初回からこの交流会に参加していますが、出会う学生はサッカーで自己実現をしたいという人が多くいます。

もし、、迷っているなら騙されたと思って参加してみては!

企画概要

イベント内容

日時

会場

国立青少年オリンピック記念総合センター

最寄り駅:小田急線参宮橋駅 徒歩7分


代々木公園駅下車(代々木公園方面4番出口) 徒歩約10分

応募対象者

参加費

無料

       過去の

サッカービジネス交流会開催の様子

アクセス

ワークショップ&交流会

19:00~22:00

・サッカービジネスに興味のある人

・スポーツビジネスに興味ある人

・スポーツマネジメントに興味のある人

・サッカークラブで働きたい人


アカホリ   モトキ

ブログはコチラ→http://motokiakahori.hatenablog.com/

専修大学4年。

高校3年次に地元のJリーグチーム松本山雅の世代関係なく休日にスタジアムに人が集う文化の”魅力”にハマったのを機にいつしか経営者として”サッカー×地域活性化”を目指し、サッカークラブの経営者になることを志すようになる。

しかし、現実はコネでクラブに入るという実現確率が果てしなく低い厳しい世界であることを痛感し、一度諦め浪人を経て大学に入学。

もやもやと”やりたいこと”が見つからずに過ごす大学1年間を経て、ある人との出会いで「クラブ経営をできるような道を自分が作れば実現できる」と思い知らされる。

経営者になるのに必要な経営戦略、マーケティングなどを学んで居たのを機に大学3年の4月に日本初のインテル・ローマのサッカービジネス研修に参加権利を獲得し、組織構築、育成ビジネス、マーケティング、地域スポーツクラブの経営手法などを学び日本と世界のトップとのビジネス面での差を実感すると共に、自分自身のビジョンが明確になる。

この経験を下に、自分だけではなくサッカーを仕事にしたい人が”夢”の実現できるチャンスを掴んで欲しいと想いでSoccer Business Projectを創設。

現在は、サッカー界を”盛り上げたい”と考えている人と共にJリーグなどを盛り上げる活動を行っている。

ALL ROUNDER F.C. Directer

「未来のサッカー界を創る優秀な人材を輩出する」を理念として、活動している

各々が"夢"や"ビジョン"を描くためのキッカケを創出するために活動している。

   運営情報

Soccer Business Project代表

株式会社 Visionary Space取締役

赤堀 元紀

p.s この企画が始まった背景は、高校生の頃のぼくがサッカービジネスに携わりたいけど、実現するのに本当にどうすればいいのか分からなくて困っていたところから、過去の自分みたいな人がたくさんいるのではと思い、そんな人を救いたくてこの企画がスタートしました。

なので、サッカーでビジネスをお考えの人の気持ちが痛いほど分かります。笑